競馬予想サイトウォッチャー

「◎が決まらない」「あと1頭切りたい」そんな時に膨大な時間を浪費しないために使いたい、厳選競馬予想サイト

馬券力向上はマイルールが徹底できるかどうかが鍵

投稿日:

そもそも巷で言われている馬券力って何ですか?馬券力のある人っていったいどんな人のことを言うのでしょうか?

これからお話に出てくる競馬歴10年のサラリーマンの鈴木さんには馬券力があるのでしょうか?

馬券力があるという周りの評価

あいつは、馬券をよく的中させる。鈴木さんの会社の中での評判は、仕事のことよりも競馬のことで周りから一目置かています。

そのためG1レースの時などは、普段馬券を買わないような会社の人からもレースの見解を求められることが増えます。

鈴木さんは求められたことに対して的確に答えられるし、実際に的を得たコトを言えているという自負があります。それに的中という結果も伴っている。

鈴木さん自身そのことにはとても満足していていますし、これからもそういう存在でありたいと思っています。

馬券力がないという自分の評価

しかし鈴木さんには馬券に関する困ったことがひとつあります。馬券が当たっている割には、回収率はマイナスだということです。

鈴木さんの中では馬券力がある人の基準がはっきりしています。回収率が100%以上ないと、鈴木さんにとっては馬券力があるとは言えないのです。

ホントは自分には馬券力なんてないのに、周りからはよく的中するから馬券上手だと思われている。さらには馬券がよく当たっているから儲かっていると思われているのがちょっとした悩みのタネにもなっています。

馬券力のあるなしは価値観の問題で相対的なものではない

先の鈴木さんのケースでは、鈴木さんにとっての馬券力とは回収率でした。しかし会社の同僚たちから見た馬券力は的中率だった。そのギャップに鈴木さんは悩んでいました。

でも悩むって面倒くさい。いっそ開き直って、鈴木さん自身がが的中率の良さに満足感を求めれば今の悩みはなくなります

そうしたら馬券力あるよね、オレって評価でいいと思うんです。これからは的中に重きを置くわけですから。

でもやっぱ回収率あげたいって場合は、鈴木さんは回収率を上げるための方策をとらないとダメだというコトです

馬券力なんて所詮は主観でしかありません。客観的に見て馬券力があるかないかの客観なんて存在しない世界です。

馬券力は的中率でもいいし馬券力は回収率でもいい。どっちでもいいわけです。本人さえよければ。

ただし「的中率をアップさせたい」と「回収率をプラスにしたい」では取るべき施策は違ってきます。馬券力を向上させたいなら、まずは的中率なのか回収率なのか。どちらを向上させたいのかを決めるべきです。どちらも向上させたいがいちばんいけません。なぜなら同じデータを扱ったとしても、データの切り口が違ってくるからです。

馬券力を向上させるには

  1. 的中率派か回収率派のいずれかを選ぶ、両方狙ってはダメ
  2. 取り扱うデータを決める
  3. 馬券の券種を決める
  4. 予想の印は残しておく

一定のルールに従って回していけば、的中パータンや不的中パターンが見えてくるので馬券力は高まっていきます。

これらのことが面倒なら馬券力向上なんて考えない方がいいです。考えたところで絵空事に終わること間違いなしです。

ただし最初の取っ掛かりは確かに面倒かもしれませんね。特にデータや過去予想の整理整頓が苦手な人にとっては。

データや過去予想の整理整頓が苦手ならツールを使えばいい。例えばこんなツールがあります。

  1. 独自のデータを含む競馬情報が無料
  2. 膨大なデータから必要なものだけカスタマイズ
  3. 予想印と予想メモが残せる機能で予想力アップ
  4. 直接IPATでの馬券購入が可能に!予想から馬券までをフルサポート

有料版だとホント至れり尽くせりのツール任せに出来て月額1,280円。無料でもそこそこの使い勝手は担保されているので、まずはそっちを試してみてもイイかもです。

有料版⇒【出走馬を6頭に絞る★KLANプレミアム 

 

無料版⇒予想から馬券購入まで、無料で使えるあなた専用の競馬データベース【KLAN.jp】

-競馬予想

Copyright© 競馬予想サイトウォッチャー , 2017 AllRights Reserved.